« 湘南のシュートセレクト問題 | トップページ | 東城穣さんが一番働いていた(小ネタ) »

2015年5月10日 (日)

高山薫は2人いる・・・神戸戦の感想

「争いは同じレベルの者同士でしか発生しない」という例のカンガルーの画像が頭に浮かんだ。神戸からすると不本意だろうが、スコア的にも内容的にも拮抗していた。
(2015年5月6日 湘南ベルマーレ1-1ヴィッセル神戸 ShonanBMWスタジアム平塚)
 
 ペドロ・ジュニオール、森岡亮太、三原雅俊、安田理大、と主力を故障で欠いているので神戸にとっては耐える時期なのかもしれない。とはいえ、名将ネルシーニョの招聘、かけている費用を考えれば、神戸は残留争いグループと拮抗したゲームをしている場合ではない。
 開幕前に神戸を3位に予想した私としては意外に感じつつも、ほくそ笑む展開だったのだけど。
 
 そんな中で独り「違い」を見せつけたのがマルキーニョスだった。J1通算150ゴールという、先制ゴールは見事なものだった。最前線からスルッと下りてきてボールを受け、反転して右脚一閃でゴール右上にミドルシュートを放り込んだ。
 湘南の2ボランチがボールサイドに寄せて空けていたスペースを的確に突いたとはいえる。下がっていくマルキを放してしまった湘南DFのミスかもしれないが、なかなか難しかった。目前のアンドレ・バイアは渡邉千真をケアしていたので、三竿雄斗がラインを離れてついていけばよかったというのは高い要求っぽい。左サイドから上がって来ていた神戸の選手(奥井?)には左WB菊池大介がマークについていたので、三竿が受け持つべき選手は他にいなかったわけだが。
 とかいっても、マルキーニョスに与えられた時間とスペースはわずかで、それをモノにしたマルキーニョスはさすがだった。
 
 そのほかの神戸の選手で目立っていたのはボランチの2人だろうか。
 チョン・ウヨンは配球役ということもあり、チームの中心だ。彼がフリーでボールを受けるシーンが多くて気になった。低い位置が多かったのでそこは“捨てて”いたのだろうか。前半に1本見せたようにミドルシュートもあるし、パスの精度もある選手なので疑問だ。
 もう1人のフェフージンはネタ外国人っぽいが、面白い。後方から単騎ドリブル突撃できるし、前が開いたら迷わずミドルシュートを撃ってくる。身体も強そうだし、膠着したゲームを動かしたいなら良いよ。
 
 湘南視点でいうと、拮抗したゲームができるのは相手CB陣との力関係に因る。前線でボールを収めるのに四苦八苦すると苦戦になり、そこである程度でも意図したプレーができれば勝算が出てくる。
 神戸は北本久仁衛を中心に岩波拓也と高橋祥平の3人がDFラインを構成していた。単純なハイボールでは北本が効いていたのだが、そこまで完封されている印象ではなかった。
 
 湘南の前線は、気づくと高山薫が大黒柱になっている。
 豊富な運動量とスプリントの回数はしばしば話題になるが、それは2年前にもできていた。柏での1年間でプレーのレパートリーを増やして帰ってきた。2年前にWBからシャドウにポジションを変えられた際にチョウ監督からは「そろそろ次のステップへ」と言われていた、その課題を克服しつつある。
 裏を狙ってボールを引き出すし、下がって組立てに参加もするし、サイドに出ていってパス交換しながらクロスにつなげる。そうかと思えば後方からのハイボールを意外と上手に処理するし、フィニッシュの期待度は現状ではチームで一番だ。
 こうなると高山にマルチタスクを課したくなるし、他の手段との兼ね合いを考えると、高山を使って打開を図るのは自然なことだろう。
 
 しかしたぶん、八面六臂の高山にチームメイトが合わせきれない。特に3トップの中での役割分担が整理されていない。
 大槻周平はまだしも、岡田翔平は難しい立場になって割を食っている。単純に裏を狙ってもJ1だとチャンスにはなりにくいし、チャンスメイクに関わろうとしても高山とカブる。高山と入れ替わりながら関与することが期待されるのだろうが、翻弄されているような感じになってしまい、結果としてこぼれ球を待っているだけのように見えてしまう(やや大げさな表現)。
 ちなみにアリソンは周囲の選手が誰であれ同じ役割だと思う。
 
【甲府戦の感想】
 というわけで、累積警告で高山が出場停止になった甲府戦を見ていた。
 どちらかといえば中盤勝負だったのかな。高山の欠場を感じさせなかった。
 これは必ずしも好感しているわけではなく、岡田には依然として浮遊感がある。徐々に改善しているようにも見えたけど。
 
※追記
 タイトルについて書いていなかった。高山薫が2人存在するということではなく、高山薫が2人必要だ、という意味です。もちろん本気ではなく、高山と噛み合う選手が欲しいということ。

« 湘南のシュートセレクト問題 | トップページ | 東城穣さんが一番働いていた(小ネタ) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 高山薫は2人いる・・・神戸戦の感想:

« 湘南のシュートセレクト問題 | トップページ | 東城穣さんが一番働いていた(小ネタ) »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ