« 日本平でバス囲みが発生するメカニズムがわかった | トップページ | フロンターレのカウンター怖すぎでしょ »

2015年8月22日 (土)

意地っ張り湘南の「噛み合わせの悪い」浦和戦

 前線からのプレッシングを特長とする湘南にとって、浦和は最も相性の悪い相手だ。なにしろ西川周作がいるから。よいプレッシングが結果に反映しづらいという「噛み合わせの悪い」ゲームだった。
(2015年8月16日 浦和レッドダイヤモンズ1-0湘南ベルマーレ 埼玉スタジアム2002)
 
 湘南の3トップ、大槻周平・高山薫・菊地俊介のトリオは前プレに最適化した組合せだ。この日も良い感じでプレスに行けるシーンが結構あった。
 でも、残念。浦和の最終ラインは少しでも困ると、すぐにGK西川周作にバックパスをする。その西川はプレッシングによって生じた湘南の「穴」に的確に長いパスを通すし、GKまで突貫されても切り返し一発で難を逃れる。
 
 まあ、その辺りの技術、精度は西川だけに限った話ではなく、浦和の多くの選手が有している。
 浦和の右WB関根貴大が対面を圧倒して多くのチャンスメイクをしていた。もちろん関根のドリブルも優れているが、それ以上に、関根に入るボールが素晴らしかった。関根が頻繁に1対1を仕掛けられたのはそのせいだ。本来なら湘南もカバー要員を置いて対応したいのだが、それを許さない。
 ビッグクラブの地力を感じた。
 
 浦和は「リードしているのに前に出てカウンターを食らう」と一部で揶揄されているわけだが、確かにその気配は感じた。実際、失点後の64分に投入された藤田祥史がDFラインの裏を取れるシーンが2度もあった。
 もっとあからさまに、リードされているけど引いて浦和を引き出すチームもあるらしい。確かにそれは有効っぽい。だけど、湘南はそういうことはしない。あくまでも主体的に、能動的にゲームに臨むことを是とするのであって、負けている時間ほど前プレ姿勢が強くなる。
 このあたりも「噛み合わせの悪さ」を感じる部分ではある。湘南が頑なに前プレをするほど、浦和にとっては好都合なのだし。
 
 でもまあ、チョウ監督がそういうやり方をするのは2年前のシーズンでもそうだったのだし、今さら驚くことでもない。
 目前の勝点への執着が足りないと見る向きもあるだろうが、それよりも選手の成長にウエートを置いているということだ。試合後の会見で「引いて守るやり方で勝ってもそれで成長できるのか」のような意味の発言をしていたみたいだが、この数年、その姿勢は一貫している。
 私としては「Pounding The Rock」なサンアントニオ・スパーズを理想とする立場上、支持せざるを得ない。
 
【悪魔の論争術について】
 槇野の自称ガッツポーズについては、なかなか面白いケーススタディだと思う。あの場面、プレーが切れた後のやり取りを推測すると、たぶんこんな感じ。
高山「腕使ってんじゃんよー」
槇野「フガー!ウホッ!ガルルルルルルル、グオー!」
高山「・・・・」
 こういう風にキ○ガイになってしまえば、論争においては不敗だよね。理性的なやり取りは成立しないが、泥仕合に持ち込むことができる。不利な側がそれを用いれば実質的に勝ったも同然だ。
 理性的にいえば、槇野は高山の首に右腕を入れて前に出ているわけで、ガッツポーズするような完勝ではない。だけど、サッカーの試合中なので野生を前面に出すことも大事なのかもしれない。そういえば槇野のあの行為は挑発、威嚇、ドラミングといった範疇に入れるのがふさわしい。
 ちなみに「挑発に乗らなかった高山はエライ」的なコメントも散見されたが、実際にはキョトンとしていたのだと思う。それよりも「永木キャプテンならケンカになっていた」というコメントのほうが的確で面白い。

« 日本平でバス囲みが発生するメカニズムがわかった | トップページ | フロンターレのカウンター怖すぎでしょ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 意地っ張り湘南の「噛み合わせの悪い」浦和戦:

« 日本平でバス囲みが発生するメカニズムがわかった | トップページ | フロンターレのカウンター怖すぎでしょ »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ