« 横綱レッズに胸を借りた前頭相撲 | トップページ | 甲府アウェイに行ってきたよ! »

2016年4月 9日 (土)

楽天的リアリズムに完敗しちゃうと湘南はツラい

 4-4の2ラインを敷いてしっかり守り、前線の強力2トップで相手を恐慌に陥れることができるチームにとっては、前に人数をかけてくる湘南は大好物だろう。ましてやアウェイゲームで結果第一に振る舞えるのなら。
(2016年4月2日 湘南ベルマーレ1-2ヴィッセル神戸 ShonanBMWスタジアム平塚)
 
 レアンドロとペドロ・ジュニオールという強力2トップを存分に生かした戦い方だ。彼ら2人だけでもカウンターを完結できるのだが、基本的にはSHと3~4人で攻める。右SH小川慶治朗のスプリント力が生きるやり方でもある。
 ポイントは2トップが下がりすぎないことで、機を見たプレスバックは行うものの(それはそれで効いている)、前残りの意識を持っていて、カウンター時の脅威度が増している。
 
 金持ちにふさわしいやり方ですよね~。
 
 あんだけのクオリティのストライカーを2枚揃えるなんて、我々にとっては当分関係ない話だけど、神戸にとってのリアリズムってああいうのだよね。
 ブラジル人FWを3人集めたって使いきれないのだから、2トップに注力して、残りの8人でキッチリ守るのが最善手だし早道だよねえ。
 守備の軽めな配球役(チョン・ウヨン)とか、ドリブルで突進していくフェフージンとか、そういう特長的なボランチじゃなくて、きっちり守れて標準レベルにパスの出せる2人を並べる方が、はるかに実効性が高い。
 
 こういう相手こそが湘南にとっての仮想敵ではある。経済力に差のある相手にどう挑むかが湘南にとっての課題で、そこをクリアしていかないとJ1定着は到底見込めない。いつも勝つことはできないとしても、「あわよくば」という流れを常時作り出していきたい。
 その意味では、注文通りに先制したのにミスから追いつかれるのは厳しい。
 神戸からすると、1点のビハインドはまったく焦る材料ではなかったはずだ。湘南はリードしたからといって引き籠るわけではないから。だから結果的に追いつかれるのは致し方ないとは思うが、先制の3分後ではさすがにちょっと。。。。
 
 今シーズンの湘南について総括するのはまだ早いが、少なくとも現時点では、昨シーズンよりもチーム力が落ちていることは認めなければなるまい。昨シーズンであれば守り切れた1点リードを守り切れず、粘り強く追いすがる雰囲気も薄い。
 となると、神戸のような上位チームとの対戦よりも、順位近傍のチームとの対戦が重要になる。
 
 というわけで、因縁のヴァンフォーレ甲府さんが、やっぱり直接のライバル関係になるのだね。このタイミングで対戦が控えているっていうのも、そういう星回りなのだね。
 そんなに積極的に小瀬に行きたいわけでもないのだが、明日は行きます。
 
【新戦力の感想】
 端戸仁は湘南の2シャドウの選手としてはフィットしそうな印象。技術があって走れる選手なので高山と並べると威力を増しそう。まあ、まだちょっと軽い印象もなくはないので、そこが課題(このポジションはライバル過多なので)。

« 横綱レッズに胸を借りた前頭相撲 | トップページ | 甲府アウェイに行ってきたよ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 楽天的リアリズムに完敗しちゃうと湘南はツラい:

« 横綱レッズに胸を借りた前頭相撲 | トップページ | 甲府アウェイに行ってきたよ! »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ