« 名古屋との最終節アウェイ戦はコワイなー | トップページ | 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2016年版) »

2016年6月24日 (金)

吹田スタのゴラッソ祭だったが再訪予定は立たず

 下田北斗が2本のミドルシュートを決めて名を上げたゲームだけど、試合のことよりも、素敵な新スタジアムの感想をメインにお伝えいたします。
(2016年6月11日 ガンバ大阪3-3湘南ベルマーレ 市立吹田サッカースタジアム)

001

 
 もう10日以上経った。次の磐田戦のことも書かないと。
 ということでゲームの感想は軽く箇条書きで。
 
・GKから見て右45度で撃った下田のミドルは湘南サポーター席に向かってくる素晴らしく美しい弾道。
・特に1本目は「宇宙か」と思った瞬間にクイッと曲がってサイドネットに突き刺さったイカす無回転。
・ペナルティエリア上辺あたりを湘南は前半から狙っていて、ガンバは放置していた。
・下田は1本目の直後にも同じような位置からミドルを撃っていて「なめられてんのか?」と思ったが、そういう守り方っぽい。
・FWのプレスバックは義務じゃなさそう。というか、パトリックは前半に走らされて守備には嫌気がさしていた(ように見えた)。
・序盤の湘南はよかった。さっさと先制すると、後ろでボールを回してパトリックとアデミウソンを走らせていた。
・まあ暑さも湘南にとって追い風だったかも。関西は前日も暑かったが、試合日には湿度が増していた。
・しかしガンバは布陣変更でいきなりペースをつかんだ。あれ、なんだったんだ。
・2列目を「宇佐美・遠藤・アデ」→「宇佐美・アデ・倉田」に変えて遠藤をボランチに落としたら、あっという間に優勢に。
・ガンバのすごいなあと思ったのは、あと、両SBの使い方。
・高い位置にいるのは当然として、入ってくるボールが全部、一発で局面を変えるパスだった。サイドチェンジかスルーパス。
・タッチラインに沿った、ぬるいパスは皆無。
・ということもあり、藤春がすごく目立ってた。
・家人「あの4番がすごく良いけど、誰?」ボク「彼がオーバーエイジで入って亀川がベンチに行く」
・ということで藤春に目が行っていた家人であるが、後半になってからは「8番しか目に入ってこない」
・まあ、私が岩下の一挙一動に反応していたからなのだけど。

002

 なにしろこの位置なので、見ちゃうよね(ちなみに彼のゴールが入ったのは逆サイドだったので印象的でない)。
 島村が苦しい体勢のクリアで前線の端戸めがけて低いパスを出したときに、松尾主審が上半身を低くしてボールをよけたのを見て、すかさず端戸を倒してボールを奪ったシーンとか笑いながら見てた(主審はボールを見られない体勢だったし、副審の位置からはたぶん死角)。
 ペナルティエリア上辺で湘南の選手が岩下の足に引っかかって転んだシーンも、岩下は足をかけに行ってはいないけど、さりげなく腕がテコのように働いていて秀逸。しかもその後で「ダイブだろ?」ジェスチャーを付けるのも忘れない。
 向かってくるロングボールを見上げながら肘はきちんと相手選手に当てに行くのとか、まったくもって期待通り。
 なんか、書いてみたら「岩下マニア」風になっているけど、あながち間違いでもない。試合最終盤に殺伐とした空気を醸し出しているところも含め、楽しんで見ていた。
 
 試合の話はもう終わり。
 吹田スタジアムの素晴らしさは語り尽くされているので、それも略す。
 
 体験談を書いておく。
 この日は6月11日の14時キックオフで、公式記録の気温は32.2℃だった(湿度47%だが体感ではもう少し高かった印象。チョウ監督が「湿度も高く」とコメントしていたのは正当だと思う)。
 で、万博記念公園駅からスタジアムに向かったのは12時過ぎだったが、うんざりだった。
 エキスポシティ手前で右折して「例の階段」を登って行くのだが、直射日光をガンガンに浴びるし、白いから照り返しもキツイし、散々だった。南駐車場を迂回するのだが、これは歓迎。あんなド日向の駐車場を横切って進むなんて無理。で、公称「駅から徒歩15分」のところ20分くらいかかったかな。
 
 試合終了後は「道も混むし駅も入場規制」という前例を聞いていたので、席から離れずにいたのだけど追い立てられ、コンコースで時間を潰そうかと思ったけど
「本日はご来場ありがとうございました~(もう帰って)」
と叫んでいる女性の声が枯れてきて申し訳なくなったので、諦めて外に出た。試合終了後20分くらいで。
 そのときに見えた光景がこれ。 

003

004

 あんな行列に並ぶのもバカバカしいから、選手バスの出待ちでもしようかと思って向かうと、こんな光景。生卵を投げても届かない万全の体制ですね。

005

 で、出待ちも諦めて駅に向かうと、案外スムーズで試合終了後60分くらいでモノレールに乗れた。なお、この日の入場者数は、土日開催のJ1リーグ戦としては開場以来最少の22,257人でした。
 
【ご家族の感想】
家人「ここにはもう来なくていいや」
ボク「え、ずいぶん評価低くない?」
家人「暑いし、駅から遠いし、最下位」
ボク「え、え、野津田が最下位じゃないの?」
家人「あっちには同情票も入るから。こっちは、『もうちょっとどうにかできるだろう』と思っちゃう」
ボク「じゃあ、関西遠征は神戸だけか~」
家人「京都ならいいよ」
ボク(スタジアムの評価関係ないじゃん…)

« 名古屋との最終節アウェイ戦はコワイなー | トップページ | 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2016年版) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 吹田スタのゴラッソ祭だったが再訪予定は立たず:

« 名古屋との最終節アウェイ戦はコワイなー | トップページ | 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2016年版) »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ