« ジネイ頼みのなんとかサッカーなの? | トップページ | 杉岡頼みのクソサッカーになってきた »

2017年5月 7日 (日)

バックパスは嫌われるけど役に立つ

 レノファの評判はいろいろ目にしたけど、対戦するまではよくわからなかった。そして今回のゲームを見て、自分たちの長所を出すのが上手だなと思った。
(2017年5月3日 湘南ベルマーレ1-0レノファ山口FC ShonanBMWスタジアム平塚)

 

 レノファの攻撃で最も脅威だったのは、ショートカウンターから小塚和季がゴールマウスから少し外れた逆サイドにゴロを転がした場面。もちろんそこに選手が突っ込んで来ていたが、届かなかった。
 シュートか!と思った瞬間にもう1本パスを出してゴールを狙うプレーで「あ、こういうの、レノファのダイジェスト映像でいっぱい見た!」と瞬時に思い出した。
 小塚個人のセンスとか閃きとか、そういうのではない。小塚がいなかった時期も含め、かなりの頻度で見られるプレーであり、チームとして上野展裕監督によって仕込まれているのだろう。

 ただ、そういうカウンターアタックの場面は少ない。たぶん2016年前半までの快進撃もあって警戒されているのだろうし。
 というわけで、左サイドの狭いスペースでパス交換しながらチャンスメイクを狙うのが基本形のように見えた。3人ないし4人ぐらいでショートパスを交換しながら、誰かが抜け出すのを狙っている。頻繁に誰かしらが裏抜けを狙っており、感心した。
 最近7ゲで目立っている「(ボールを)もらいにくるなオジサン」も満足すること請け合いだ。

 そうやって裏抜けするところまではよいとしても、最終的にゴール前で待っている人数はあまり多くない。
 もちろん、そこに人数をかければ得点の可能性は高まるのだろうが、後方の人数が減ることによるリスクを嫌っているのだろう。4-2-3-1の布陣で、トップ下の小塚を除く前線の3人を途中交代させるというのも、後方に負担をかけないためのものと見る。
 まあ、渡辺広大とか福元洋平とかがいれば、また違った印象になるのかもしれないが。

 そして対する湘南は、レノファが左サイドで組み立てることを織り込んでいた模様。すなわち、2ボランチの一角・菊地俊介が右サイド(山口から見た左サイド)に躊躇なく出て行って狭いスペースでの守備に奔走していた。
 あのスモールボールに菊地が応対したことでレノファの狙いのかなりの部分を消すことに成功していた。地上戦も浮き球にもガッツリ対応するハードワークで、ゴール以上に価値があった。つまり、この日のМОМに選ばれるのは当然だった。

 菊地の応対が効いていたとはいえ、齊藤未月のシュートがポストを叩いた後の、65分から70分ぐらいの時間帯はきつかった。セカンドボールをレノファに拾われ、繰り返しスモールボールを仕掛けられていた。
 この時間を凌いだ後、ボールを奪った後の湘南が2回、カウンターに行きかけてGKまでボールを戻した。あれはものすごく意味のあるプレーだった。あそこであっさりシュートに持ち込むのは、ゴールが決まれば結果オーライだが、ボールロストして再びスモール地獄になるのが最悪のパターンだ。ボール保持を最優先する選択はゲームの流れ的には悪くない。実際、あれでレノファの攻勢が衰えたように見えた。
 湘南のスタンドには、チョウ監督の建前を真正直に信じてバックパスに嫌悪感を露にする人もいるのだけど、あれらは良いバックパスだった。

【この日のフラッシュバック】
 レノファで交代出場した岡本英也の名前を聞いて、「う、いま山口にいるのか」とイヤーな気分になった湘南サポは私以外にもいただろう。お茶事件の主犯(?)だから。

« ジネイ頼みのなんとかサッカーなの? | トップページ | 杉岡頼みのクソサッカーになってきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バックパスは嫌われるけど役に立つ:

« ジネイ頼みのなんとかサッカーなの? | トップページ | 杉岡頼みのクソサッカーになってきた »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ