« バックパスは嫌われるけど役に立つ | トップページ | 風間グランパスに意外と好感を持った »

2017年6月24日 (土)

杉岡頼みのクソサッカーになってきた

 クソは言い過ぎだ。ごめんなさい。使えるものは親でも使えばよいので、使える杉岡を使って何が悪い。でも、依存度が高すぎるのは間違いないわけで。
(2017年5月27日 湘南ベルマーレ0-1モンテディオ山形 ShonanBMWスタジアム平塚)
(2017年6月17日 湘南ベルマーレ1-0京都サンガF.C. ShonanBMWスタジアム平塚)

 

 山形戦、長崎戦(行っていない)、徳島戦(行っていない)、京都戦、天皇杯・国士舘大学戦(映像も見ていない)、と続いた5試合480分で3勝1敗1分。4得点2失点。
 この期間中に杉岡大暉は340分に出場して1ゴール・2アシスト。高卒ルーキーDFとは思えない。
 4月にはジネイ頼みのなんとかサッカーなの?と言ったが、要するに、何人かの特定選手への依存度が高いのだ。そしてその数人の中に杉岡が数えられる。

 4月に述べた「誰か1人が爆発的なスピードで飛び出すというパーツが欠けているのが厳しい(強いて言うと3バック左の杉岡大暉が一番瞬発力を感じさせる)」が顕在化しているわけで、ツライ。
 高山は不在、藤田征也の復調が遅れるという状況にありながらシキーニョを手放したし、選手の起用法の絞り込みが進んでいる印象だ。
 石原広教はスモールスペースでの突破に期待するというよりはオープンスペースへの走り出しでの貢献を求めているように見えるし(京都戦での左WB石原→杉岡)、山根視来はサイドに据えるよりもDFラインからドリブルを始動するのが効果的、という(今季の)結論が固まりつつあるようだ。いや、山根に関していうと、山形戦での阪野、京都戦での大黒とのマッチアップを見ると、CBから外すのは勿体ない感じになってもいる。

 絞り込みは他のポジションにもあって、齊藤未月の3ボランチ起用にも疑問符が付き始めている印象を受ける。特に、山形戦で汰木に当たり負けして即座に2シャドウの菊地とのポジションチェンジしたのが印象的だ(そしてハーフタイムに交代)。
 安東もまだ信頼感がイマイチだし、菊地俊介も謎の離脱だし、3ボランチをやめた京都戦での秋野の躍動を見ると、アンカー秋野はむしろ有害にも思えるし、2ボランチに落ち着くのかどうか、注目ポイントだ。

 でもまあ、チョウ監督は選手起用を固定しないのが持ち味(?)なので、このまま選手起用が収束するのは面白くない。それほど優れた内容・成績ってわけでもないのだし。
 その意味で、いまは夏の補強が注目ですね。

【最近のスタグル】
 京都戦は厚木市民デーで、厚木観光漁業協同組合「アユの塩焼」500円を食べた。
 炭火の威力もあるけど、焼いているオッサン達の腕もあるのだろう(鮎祭りはもちろん、普段も鮎のつかみ取りの脇で焼いていたりするから)。マジうまい。「苦みが~」とか一切言わせない絶品の焼き方であった。

Photo

« バックパスは嫌われるけど役に立つ | トップページ | 風間グランパスに意外と好感を持った »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106060/65452637

この記事へのトラックバック一覧です: 杉岡頼みのクソサッカーになってきた:

« バックパスは嫌われるけど役に立つ | トップページ | 風間グランパスに意外と好感を持った »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ