« 若い選手にイバやレドミを体感させたいじゃん? | トップページ | 昇格へのラストスパート加速しすぎ問題 »

2017年9月17日 (日)

アウェイ山口戦の感想。あと讃岐戦のメモ

 山口戦は2対2の前半から、後半はジネイのハットトリックで一気に試合を決めた。ハーフタイムに魔法をかけたのだと思っていたが、前半からの流れだったのだろうな。
(2017年9月9日 レノファ山口FC3-5湘南ベルマーレ 維新百年記念公園陸上競技場)

Photo_2

 
 チョウ監督や選手のコメントから、湘南が後半になってやり方に変化をつけたことは間違いない。山田直輝をトップ下に配置した3-4-1-2に布陣変更をしたことも明らかだし。
 それが奏功したのは確かだが、前後半での試合の激変は、どちらかというと山口の側の変化が理由ではないかと思う。
 というか、後半になってから変化が目に見えるようになったけれど、前半からの流れでああなったと考えるのが妥当なのだろう。
 
 山口は3-4-2-1の布陣で「守ってカウンター」のスタイルに変貌していた。攻撃面は前線の3人の技術とアイデアで完結させるととし、上野監督の頃にやっていた「サイドで3~4人でショートパスを繋ぎながら突破を狙う」プレーは皆無だった。
 監督交代をした後の山口のゲームを見ていないので5月の前回対戦時との比較しかしないが、下位チームにふさわしい妥当なサッカーに変わったように思う。
 上野監督に対してネガティブなわけではないが、成績低迷で監督交代をした以上、あの野心的なサッカーから方向転換するのは当然だ。
 前半は山口のカウンターが威力を見せていた。岸田和人が中央からサイドに流れてバイアをつり出そうとしていたのは意図的なものだろう。前半の2ゴールを見ると、上野監督時代に培ったテクニカルな面が生きている。
 
 ただこれ、湘南のような上位チームを苦しめるのには有効だろうけど、下位チームどうしの対戦でお互いに人数をかけて攻め込まないような展開になると、どうなのだろう。
(そういうゲームを見ていないので、違うやり方をするのかもしれないけど)
 
 山口はプラン通りに2点を取ったのだが、守備面はプラン通りというわけにはいかなかった。結果として2失点したことはともかく、サイドからクロス爆撃を食らったのは誤算だろう。
 両WBは攻撃参加したときも深い位置に進出することは滅多になく、アーリークロスを入れればオッケー、という感じに見えた。その分、守備面で湘南のWBとのマッチアップに注意するというタスクだったのだろうが、それにもかかわらず。
 クロス爆撃を食らった挙句、中央からのスルーパスを防ごうとしてのオウンゴールで2失点目である。「このままじゃ耐えきれない」という危機感に至ったと想像する。
 
 だから、前半それなりに機能していた「守ってカウンター」戦略を放棄し、後半は前に出てくるようになったのかなと思う。
 いや、湘南が3点目を奪ったから前に出たというのが目に見える現象だったのだけど、3点目に至るカウンター返しは、正しく山口が避けたかった展開のはずで、つまりその時点で前半とは戦い方が変わっていたと見るべきなのだろう。
 でも、こういう撃ち合い上等な試合展開を上位相手に敢行するのはどうなんだろう(下位チームは受けて立ってくれないだろうけど)。
 
・・・・というのが現地で思ったことなんだけど、翌週の岐阜戦での選手交代を見ると、マジョール監督は1試合通じて守り倒す気はなくて、後半は前に出たいのかな。残留争いのチームは勝ちに行くより負けないことが大事なんだと思うけどな。
 
【山口アウェイ楽しい】
 おそらく他のベルサポが行っていないスポットをご紹介。
 錦鶏の滝に行ってきた。
 萩往還の石畳の辺りから川に沿って登って行き、Googleカーが断念した地点からさらに上流に向かう。アスファルトの道が終わって橋を渡った先から獣道のような山道を少し登るとようやく看板が現れるので、そこから雄滝をめざして登っていくと到着する。夏でも涼しい素晴らしい滝でした。

Photo_3

 
【讃岐戦について】
(2017年9月16日 湘南ベルマーレ1-0カマタマーレ讃岐 ShonanBMWスタジアム平塚)
 台風の余波で雨が降り続けている中で、セットプレーからの1点を守り切った、というと渋すぎる。プレスがハマってショートカウンターのチャンスを数多く作りながら生かしきれなかったわけで、それなりに見所はあった。
 終わってみれば最大のピンチは後半早々のアーリークロスに合わせた馬場のシュートだった。ただし現地ではよくわからなかった。現地では前半36分頃の渡邉大剛のシュートに恐怖を感じた。その直前に、バイアは大剛と馬場の2人を見なければならないシチュエーションで、最前線の馬場についていって2列目の大剛を捨てざるを得なかった。
 ただまあ、終盤の押し込まれ具合を悲観するのもわからなくもない。来季の編成のことにも思いが行ってしまうよね。

« 若い選手にイバやレドミを体感させたいじゃん? | トップページ | 昇格へのラストスパート加速しすぎ問題 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106060/65802773

この記事へのトラックバック一覧です: アウェイ山口戦の感想。あと讃岐戦のメモ:

« 若い選手にイバやレドミを体感させたいじゃん? | トップページ | 昇格へのラストスパート加速しすぎ問題 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ