« マリノスとの4-4馬鹿試合の感想 | トップページ | プリンスアイスワールド2018の感想メモ »

2018年4月29日 (日)

レッズは負けた後に可愛げがない(当たり前)

 レッズが負けた後の埼スタってすごい。終わった試合について何一つ触れない。F東みたいにダイジェスト映像の中にサブリミナル的に失点シーンを挟み込む余興どころか、ダイジェストがない。他会場の結果と次節の予告を画面に表示するだけ。
(2018年4月28日 浦和レッドダイヤモンズ0-1湘南ベルマーレ 埼玉スタジアム2002)

 
 もちろん文句を言う筋合いではないのだけど、勝ってみないと見えない光景ってあるよね。
 今までは試合終了後はサクッと帰っていたのだけど、今回は結構な長時間席にとどまっていたから。
 

Img_20180428_181218

 さてゲームについて。
 まさか3-5-2どうしの対戦になるとシーズン前に予想した人はいないんじゃないかな。どちらも1トップの布陣で編成していたはずなので。
 ただし「ミラーゲーム」と言ってよいのかは悩ましい。マンツーマン的な気配が希薄だったので。
 
 湘南の2トップは試行錯誤の賜物だけあって、それなりの機能性がある。イ・ジョンヒョプが常にターゲットで、その近くにもう1人置くという形だ。
 対して、浦和の2トップはそこまで練られている印象はない。能力の高い2人を最前線に置いた、という印象で、2人の連携みたいなものは感じられない。それよりも、2列目の選手が間に入って厚みを出す狙いなのかな、と思った。
 その意味で、山田直輝のHTでの交代は想定内。序盤のビッグチャンスは良い形だったのだけど、時間の経過とともに物足りなくなっていたので。上下動のタイミングがチームオーダーと合わなくなったように見えた。
 これは山田が悪い、とは決めつけられないのだけど、柏木が外せない武器である以上は山田が配慮しなければならないのだろう。辛い立場だけど仕方ない。
 
 湘南の3バックは水曜日のガンバ戦と同じ顔触れで、山根-坂-杉岡。中2日だし、アンドレ・バイアの起用はあるかと思ったけど。
 坂は水曜日に引き続き、良いプレーをしていた。左脚でも長めのキックを蹴れるんですね。
 そうはいっても後半は終始劣勢で苦しいゲームだった。
 
 あの3バックを変更せずに勝ち切ったのは、チョウ監督にとっては満足だろう。
 後半70分過ぎてからは、最後の交代カードをどう使うかが焦点だった。メンバー変更せずに2点目が取れればベストだが、2点目を取るためにバランスを変えるという選択肢はなかったはずだ。
 一番の心配事はたぶん、左WB高橋諒の状態だったろう。水曜日も最後には脚を攣っていたのだし、そうなったら即座に交代する心づもりだったと思う。このパターンは一番簡単で、バイアを投入して杉岡をWBに上げる形だったと思う。
 しかし出来れば3バックを崩さずに勝ち切りたかったはず。若い3人に真の自信を持たせるために。
 
 実際には高橋は90分もった(ガンバ戦と違って攻め上がる機会が少なかったからかな)。ならば高橋も下げたくない。
 現実に行われた交代は、51分に投入された松田天馬を87分に下げて梅崎司の投入というものだった。
 2トップで点を取りに行くというより(天馬はジョンヒョプの相方としてそれなりに良いプレーをしていた)、1点を守り切るという合図だった。5-4-1の布陣にして、セットプレーは全員自陣に引くのでサイズのない松田が狙われるのを避けた格好だ。
 この辺の逡巡は、とても興味深かった。
 
【その他】
 石川俊輝のゴールに関しては特になし(遠くて現地ではよくわからなかった)。むしろ山根のスルーパスに痺れた。

« マリノスとの4-4馬鹿試合の感想 | トップページ | プリンスアイスワールド2018の感想メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリノスとの4-4馬鹿試合の感想 | トップページ | プリンスアイスワールド2018の感想メモ »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ