« マリノスと殴り合えたと思える根拠は | トップページ | 偽4-1-4-1システムはFC東京対策の奇襲 »

2018年8月21日 (火)

ヴィッセルのスター選手たちを見た感想

 イニエスタには現役感があった。ポドルスキは「ツボを押さえた老練なベテラン」という風情だった。オオツキーは出場しなかった。
(2018年8月19日 湘南ベルマーレ0-2ヴィッセル神戸 ShonanBMWスタジアム平塚)

 

 神戸の布陣は4-1-4-1で、ポドルスキは右SHの位置。基本的に前残りしたい素振りで、必要に応じて位置を下げる。
 湘南のプランは、ポドルスキを押し込むことだったのだろう。左WB高山薫を敵陣深くに進出させてそこにボールを送り込む。アイソレーションで神戸右SB三原雅俊との1対1を仕掛けてもよいし、ポドルスキが下がって応対してきたらそれもよし。ただ、ポドルスキは単なる1対1では下がっていない印象だった。湘南がもう1人を送り込んだら下がっていた。
 なので高山対三原の1対1は重要だったのだけど、完全に抜き切ったのは1回だけだったか。そこでガンガン勝負を仕掛けてプレッシャーを与えるという意味では高橋諒が適任だったと思うけど、守備もしなければならないので、総合的に見ると高山の起用は妥当だったのだろう。ただ、ビハインドの後半に高橋を使いたかった(ベンチ入りせず)。

 結果論みたいな話ではあるが、ポドルスキのドリブル突進からの2点目は、図らずも高山の適任ぶりを示すことになってしまった(ボールロストの仕方も含め)。あれをさせないための左サイド偏重(でもなかったけど)だったのに、やられてしまった。
 それまで8割くらいの力でプレーしていたのが、突然全力を出したような印象だった。
 その辺りのメリハリの付け方もだし、前半の押されている時間にファウルを吹かれたら審判に抗議しながらボールを明後日の方向に転がしたり、すれ違いざまに野田に掌底(?)を食らわせたり(映像をみてもハッキリとはわからないタイミングと小さい動作)、クロスに飛び込むために前にいる高山を突き飛ばしたり(私はハッキリ見たけど、副審はラインを見ていたので気づいていないと思う)、老獪さが前面に出ていた。
 それが彼の本領なのかは知らないが、この日のゲームだけで判断すると、老獪なベテランの味だった。

 一方のイニエスタは現役感満載だった。
 スプリント回数が1回だけだったという話だが、そういうの関係ない。必要な時に必要な所にいるなあと思った。セットプレー崩れで湘南がカウンターをしようかというタイミングではキッチリ湘南の前線についていくし、チームがボールを失った直後には必要に応じてプレスにも行くしスペースを埋めにも行く。
 もちろんボールを受けてからも見せ場が多く、湘南の複数選手が取り囲んでも奪われずに済ませた場面がハイライトなのだろう。そしてもちろん、1点目のゴールにつながる長沢へのパス。

 ちょっとしたスキを突かれてやられたゲーム、という総括は外れてはいないのだが、その「ちょっとした」がかなり小さかったんじゃないかな。
 その意味では「ブレずに進む」のが正しいのだと思うけど、実際問題、勝点が付いてこないと不具合も生じるのは過去の経験でわかっているのだから、懸念する声が上がるのもわかる。

【暴れん坊ベンチ席】
 この日は、スターを迎えてチケット完売だった。そのためか、グラウンドレベルのバックスタンドや1ゲート前に置かれる「暴れん坊シート」だけではなく、陸上コーナーに沿ってベンチが並べられる事態となった。この調子なら、湘南もエキサイティング・ビーチチェアシートを始める日は近いかもね。

Abarennbou

« マリノスと殴り合えたと思える根拠は | トップページ | 偽4-1-4-1システムはFC東京対策の奇襲 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マリノスと殴り合えたと思える根拠は | トップページ | 偽4-1-4-1システムはFC東京対策の奇襲 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ