« 年に1度は行きたい柏アウェイ | トップページ

2018年10月14日 (日)

フレンズオンアイス2018の感想メモ

 チケットを確保した後で高橋大輔の競技会出場が発表されて「いいぞ」と思ったら負傷欠場が発表された。というわけで金曜日にしては立見客が多かった。

(2018年8月24日 フレンズオンアイス2018 KOSE新横浜スケートセンター)

Photo

 

 高橋は、各公演でSPとFSの両プログラムを披露する予定だったという。3日間5公演で計10回の登場予定だったという。マジか。復帰シーズン直前としてはハードすぎやしないか? 公演中に負傷するくらいならその前のほうが、復帰戦までの時間に余裕があるから「まだまし」だったかも。
 ただ高橋は会場には来ていて挨拶はした。登場前は荒川・本田・田村の3先輩によるエールのプログラム(最初に宮賢さんのコメントが流れたときは何事かと思った)だったわけで、ハートフルだった。岳斗さんの久々の登場はジャストタイミングでした。

 で、今回のメインディッシュは、宇野昌磨&ランビエールのヴィヴァルディ共演。ランビエールはゼブラ衣装で登場するサービス。いやーよかったですね!
 最初に宇野がひとしきり演技して、ポーズをとったランビエールにスポットライトが当たり、ランビエールのパートに入る。その間、静止している宇野を真後ろから見ていたのだけど、謎のオーラが出ていた。たぶん彼は普通に凝視していたのだと思うけど。

 あと、佐藤有香さんとメリル・デービスのコラボ「オーバー・ザ・レインボー」も素敵でしたね。スケーティングを前面に出していて、それで十分だったと思う。うん、途中から凧を飛ばすのは気が散った。彼女らは上手に操っていたので心配ご無用だったのだけど。

 今回は、全体的にムラが少なくて安定感があった(謎のウエメセ)。
 無良くんは出てたけどね(オペラ座)。

 ……
 ジェレミー・アボットはサム・スミスの「Latch」だったのかな。普通にカッコいいプログラムでした。あの、アタッシェケースを叩きつけて去っていく謎プロが忘れられないのだけど、客席がポカーンとしてしまうしね。
 岳斗先生の「アンスクエアダンス」は小塚君とは全然違う印象の、キャラに合ったプログラムでしたが、両方ともシェイリーンの振付なのか。そういえば、私が見た回では大ちゃんが水をかける演出は印象にないな。だんだん派手になったのかな?
 シェイリーンは、デニス・テンに捧げる演技で例年とは様相が違っていたのだけど、ある種、リミッターを外したもので、素晴らしかった。
 私が見た回では、シェイリーンの直後でちょっと影が薄くなってしまった安藤さんですが、楽日には「レクイエム」をやったらしいですね。流れ的には重いかもしれないけど、そっちのほうがよさそうですね。というか、それ見たかった。
 ステファンの「Slave to the Music」はトリにふさわしいプログラムで、何回見てもいいですしね。説明不要。

 ああそうだ。武史のジャンプが軸ブレブレで、それはそれで見物だった。
 逆に言うと、安定感と思って見ているものの裏に際どさが潜んでいることを改めて思い起こさせた。

 安定感の権化ともいうべき荒川座長は今回、オープニング直後に「One Day I'll Fly Away」を滑ったのがソロナンバーとしては唯一の出番でした。これはたぶん特筆すべき。
 大輔やステファンがいて、その後ろに荒川さんが滑るのでも十分成り立つのだけど、キャストの層の厚さを考えると冒頭もアリですね。
 特に今回はキッズの實久さんのクオリティもあったので。彼女は後半開始直後のほぼ全員が登場するプログラムで荒川さんと共演状態だったのだけど、破綻なくすべてをこなしていてハイレベルだった(競技会で勝てるかどうかってのとは別の意味で)。

 全員には触れていないけど、そんな感じでした。「月光」の話はまた今度。

【記者席の感想】
 今回は、西側2階中央付近(席番号でいうと46~55番)の「記者席」だった。座席の前に新幹線や飛行機みたいに板を置ける席。
 結論からいうと、この席は外れくさい。座席の前後の長さは変わらずに板が収納されているので狭い。そして結構重たいので、いったん取り出すと、仕舞うときにガタンと大きな音がする。席について最初に試してそれっきりという人が大半だった。

« 年に1度は行きたい柏アウェイ | トップページ

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年に1度は行きたい柏アウェイ | トップページ

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ