« 日帰り吹田遠征の感想メモ | トップページ | 湘南と名古屋の残留を賭けた直接対決→両方残留 »

2018年11月25日 (日)

レッズにダブル・島村の引退・最終節の展望

 情報量の多い1日だった。本当ならレッズにダブルを食らわせた(ついでに埼スタで2勝)ことを振り返るだけで1週間過ぎるところだけど、そうも言っていられない。
(2018年11月24日 湘南ベルマーレ2-1浦和レッドダイヤモンズ ShonanBMWスタジアム平塚)

 

 まあレッズは、柏木、槇野、マウリシオ、青木とスタメンクラスの選手を欠いて苦しい布陣だった。GK西川、森脇-岩波-茂木の3バックに阿部勇樹をアンカーに置いて、その前に長澤&武富。右WBが橋岡、左が宇賀神、2トップは興梠&武藤。
 そういうエクスキューズもあるけど、それ以上に、事実上の消化試合ということが大きかったのだろう。「ファウルもらったし倒れておくか」的なテンションを感じた。キジェ氏なら前半途中でベンチに下げる感じ。

 そんなこともあって、3-0で勝てるゲームだと思ったのだけど、現実は2-1でどうにか逃げ切る \湘南圧勝/
 言っても浦和には地力があるからだけど、湘南の力がそこまで、という面もある。でもまあ2点目を取れただけでも成長の証だと考えることも可能なのだろうか。でもやっぱり、私としてはせっかくのダブルだけど、ショボンとしてしまう。 
 あえて煽り要素を探すと、レッズ戦の3ゴールのうち、梅崎の恩返しはともかく、あとの2点は大宮ユース出身者の2ゴール1アシストだぜ、ヘイヘイ! ってところかな。

 

●島村毅の引退発表。

「…最近、(湘南の虎ではなく)「湘南の猫」って言われる。子猫ちゃん。」
という発言をベル12通信に載せていたので、軽く予感を抱いていた。編集サイドもああいうコメントはカットしてほしいと思った。
 それはともかく、スピーチはよかったですね。公式サイトに載せた作文よりも数倍よかった。

 いろいろな人が思い出を語っているので私も便乗。
 FWで起用されたというデビュー戦の印象はあまりない。私の第一印象は、ハーフナー・マイクに完全マンマークを遂行したゲーム。うまく記録が探せないけど、2009年8月の鳥栖戦だと思う。
 あのときは「役割を限定しないとダメなタイプなのかな」と危惧したのだけど、そんなことなくてよかった。
 いまさら思い当たったけど、山根視来の先駆者は島村だったね。たぶんFWとして起用しても怖さは発揮できないけど、スタートポジションを後ろにすることで特長を発揮できるようになるタイプ。
 2014年の昇格を決めた京都戦でのミドルとかが典型的。私が初めて「虎」を認識したのも、やっぱり後方から上がって来てドッカンミドルを蹴ったときだったなあ(2009年の最終節水戸戦)。

 常に先発どころか、ベンチからもしばしば外れていたけど、チームにいることに価値がある選手でした(もちろん、要所で起用した監督の判断が光るのだけど)。
 お疲れさまでした。

 

●最終節の展望
 この第33節を終えて、
12位 横M 勝点41 +13 55点 次節C大阪
13位 磐田 勝点41 -12 34点 次節川崎
14位 湘南 勝点40 -5 36点 次節名古屋
15位 鳥栖 勝点40 -5 29点 次節鹿島
16位 名古 勝点40 -7 50点 次節湘南

 16位のクラブは入替戦に回る。マリノスは事実上残留確定なので、残る4クラブの争いとなる。
 湘南は直接対戦の名古屋相手にドロー以上で残留が決まる。名古屋に敗れた場合、鳥栖の結果次第となるが総得点ではリードしているので有利か。
 湘南と名古屋がドローで、鳥栖がドロー以上、磐田だけが敗れると得失点差からみて磐田が入替戦に回ることになる。

 なるほど、ホーム最終戦で(優勝シーズンの)有終の美を飾りたい川崎、ACLの出場権を得るためにはホーム最終戦で勝っておきたい鹿島は気の抜けたゲームをしないだろう。
 しかし私は試合中によその試合経過を見る習性がないので(2012年の野津田でも全く見ていなかった)、そういう判断はクラブに任せます。10分でも20分でも90分でも、ボール回しをしてもらって結構です。

 なお、こちらのツイート

が私のアカウントにしては反響を集めたのですが、私は「叩き潰せ」とか思っていないので誤解のなきよう。
 ただ、一方で「談合」というのも人聞きが悪いので避けてほしい。普通にすればいいんですよ。

 こういう場合は「取引」でしょう。あんまりあからさまなのもナンなので、来年のトップパートナーに「TS CUBIC CARD」あたりを入れてくれればよいのではないでしょうか。

« 日帰り吹田遠征の感想メモ | トップページ | 湘南と名古屋の残留を賭けた直接対決→両方残留 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 日帰り吹田遠征の感想メモ | トップページ | 湘南と名古屋の残留を賭けた直接対決→両方残留 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ