« 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2019年版) | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権2019(初日)の感想メモ »

2019年3月18日 (月)

ベガルタに快勝したが、仙台の問題が大きそう

 前半が終わって、いつもなら真っ先にロッカールームへ向かうGK秋元陽太が、控えGK富居大樹に球出しをさせてセービングやハイボールキャッチの動作を確認していた(後半開始前にも同じことをした)。実際、前半の秋元は激しい動きをしておらず、身体は冷え切っていただろう。
(2019年3月17日 湘南ベルマーレ2-1ベガルタ仙台 ShonanBMWスタジアム平塚)

 

 確かに前半はセービングシーンの印象がない。公式記録によれば仙台のシュートは1本あったらしいが、思い当たるものがない。前半の秋元はバックパスを処理しただけの印象だ。
 そこからも、前半の湘南が圧倒的だったことがわかる。

 これは湘南がよかったのだろうけど、それ以上に仙台がうまくいっていない印象を受けた。
 仙台の布陣は3-4-2-1。長沢駿を1トップに置いて2シャドウは石原直樹と梁勇基。左WBに石原崇兆、右が蜂須賀孝治。2ボランチは兵藤慎剛とシマオ・マテ。3バックは右から平岡康裕、大岩一貴、永戸勝也の3人。GKはシュミット・ダニエル。
 2人のボランチがともに今季加入の選手なのでチーム作りとしては初期段階なのかもしれないが、思いのほか苦戦しているようだ。特に1トップの長沢は、湘南からすればいつもやられていた選手だし、試合前は嫌な予感がいっぱいだった。

 ところが長沢(と梁)はハーフタイムで退くことになった。
 どうも確固とした1トップが最前線に居続けるやり方を諦めたように見えた。前線が硬直的なのを嫌ったというか。まあ必ずしも3トップの問題ではなくてWBの突破がなかったことが原因かもしれないが。しかしまあ、平山、ハーフナー、長沢と長身1トップを模索しつつ、湘南戦に関しては石原の1トップが一番脅威になっているような気がする。
 ただ、このゲームではHTの2枚替えはさして奏功しなかった。

 仙台の3人目の交代はボランチのシマオ・マテに代えてFWのハモン・ロペス(後半開始から3トップ右に置いていた吉尾海夏をボランチに)。ここも苦しさが溢れている。
 シマオ・マテは中盤のフィルター役としては十分に機能していたと思う。昨年は本職ボランチ不在でやり繰りで乗り切っていた印象だったので、すばらしい補強とも思える。
 しかし、湘南は彼がボールを持つことは放置気味に見えた。確かに、彼のところから致命的なパスが出て来そうな気配はなかった。なんだかエリゼウっぽい印象だった。いつの間にか3バック中央に入っていても不思議はない。

 85分にハモン・ロペスのヘディングが決まって1点差に追い上げ、なんだか嫌な雰囲気になったのだけど、実際にはそこまで危ないゲームではなかった。
 映像を見て、失点シーンが先制ゴーラー小野田の判断ミスだとわかればなおさら。
 ちなみに小野田君の先制ゴールのシーンは真後ろから彼の前進を見ていたのだけど、あれを簡単に許してしまうのも仙台にとってはツラいね。割とシンプルにバックドアへ走り込んだだけに見えたので。

【この日は湘南セントパトリックデー!】
 たぶん、スポンサーデーも、ホームタウンデー(統一地方選挙が近いから?)も空いていたからなんだけどね!

D12bpsju4aarei3

« 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2019年版) | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権2019(初日)の感想メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2019年版) | トップページ | 世界フィギュアスケート選手権2019(初日)の感想メモ »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ