« 強くなったと感じる開幕戦。札幌の事情もあるが | トップページ | 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2019年版) »

2019年3月 9日 (土)

久保建英の名前を出せばアクセス稼げるの?

 札幌は湘南のやり方に付き合ってくれたが、今度は逆に湘南がFC東京に付き合うゲームだった。付き合うというか、相手によって戦い方を変える時期ではないという事情もあろう。
(2019年3月2日 湘南ベルマーレ2-3FC東京 ShonanBMWスタジアム平塚)

 

 永井謙佑とディエゴ・オリベイラに気分よくプレーさせてしまったので、難しいゲームになったのは当然だ。
 彼らはスペースに走り込むのが好きだし、得意。そこでポイントを作って相方なり2列目の選手が上がってくるというのはFC東京のパターンだというのは私にだってわかる。
 永井に無駄チェイスをさせて疲弊させ、ディエゴにポストプレーをさせれば気分が下がったのだろうが、それには失敗した。特に永井のチェイシングであたふたしてしまったので、「行ける!」と思わせてしまっただろう。
 昨年8月の対戦では、FC東京をスカウティングして布陣を変えていたのだが、さすがに開幕2戦目なので相手に合わせることは二の次だったろう。湘南は、開幕戦でうまくいったショートパスを繋ぐことを企図したのだろうが、それはFC東京にとっては思う壺だった。

 FC東京の右SH久保建英もカウンターの起点として機能するタイプだった。ハイライトになったドリブルでの前進シーンなど、相手に身体を当てながらのドリブルコースも絶妙だった。
 久保の印象としては、それ以上に、ミスらしいミスがない選手という印象だ。必要な時にボールを受け、必要な時に放すというか。安全志向ということもなく、チャレンジするときには躊躇なくチャレンジもしていた。
 ただし、彼が特長を表に出せるのは、チームメイトのクオリティがあるからこそだ。カウンターの起点役を託されている久保は、守備時にはあまり深い位置にまで下がらなかった。その一方で攻撃時には中央に入っていく。つまり、右サイドの広大なエリアを多くの時間、室屋成がカバーしていた。

 あとまあ、去年に比べてフィジカルが向上したという話だが、相対的な話だろうと思う。
 弱小チームでドン引き戦術をとるチームでやっていけるかというと、疑問符が付く。本人にそのつもりはなくても、バルサから他のチームに修行に出される可能性はあるわけで(ボージャン…)。

 湘南も久保のところを狙っていたと思う。
 後半開始早々にビッグチャンスになりかけたシーンとか、ゴールキックのとき、明確に意図して狙っていた(と思うんだけどな)。
 湘南のDFが左右に開くと2トップがついてくる。で、空いた中央にボランチの選手が下がってくるとFC東京の選手もついてくる。で、GK秋元陽太は「出し所がないな…」という顔をして仕方ないような素振りで左前方にロングキックを蹴っていた。そのボールの行き先で173cmの久保と競るのは180cmの大野和成や182cmの杉岡大暉だったりする。2シャドウ左には菊地俊介180cmもいた。
 まあ、ゴールキックでも常時そこを狙っていたわけではないので、DAZNの中継スタッフは気づいていなかったようだが。

« 強くなったと感じる開幕戦。札幌の事情もあるが | トップページ | 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2019年版) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 強くなったと感じる開幕戦。札幌の事情もあるが | トップページ | 久々にJ2に帰還した選手ランキング(2019年版) »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ