« 高橋諒はアレだけど見てて楽しい選手ですよね | トップページ | グランパスとの喧嘩四つの好取組 »

2019年4月21日 (日)

フロンターレが強いのはわかった

 川崎強かった。湘南が勝つ可能性はほとんど見えなかった。馬鹿正直に真っ向勝負を挑んだという面もあるのだけど、だからといって別の戦い方を選ぶ余地があったかというと、どうなんだろう。
(2019年4月19日 川崎フロンターレ2-0湘南ベルマーレ 等々力陸上競技場)

Photo_12

 
 監督会見では杉岡や未月の「プレゼントパス」に焦点が当たるように誘導していて、チョウ監督も策士っぽくなったな、と思った。
 もちろん間違った話ではないし、どのゲームよりもこのゲームで話題にするのが適切だろうからタイミングもベストだと思う。
 でも、このゲームの流れが変わったのは彼らのパスミスからではなく、武富の負傷からなのは明らか。10人になって「ひとまずここは耐える時間」となって、序盤の勢いは失われたし、川崎もペースをつかんだ。
 もちろん監督会見をただの感想を述べる場にするのではなく、チーム(およびサポーター)を操るために活用するのは正しいので、非難しているわけではない。
 
 確かに湘南のパスミス・川崎のインターセプトが目立った。それはミスもあるが、川崎の選手のポジショニングがよかったようにも見えた。予測して動いているところに湘南の選手が蹴ってしまうという。パスワークについては川崎に一日の長があって、その土俵で真正直に勝負したのでそうなったのかな、とも思った。
 だからといってロングボールを蹴っ飛ばせばよかった、とも言い難い。確かにこのゲームだけを見ればインターセプトからのピンチは減っただろうが、今季取り組んでいることを脇に置く時期ではないし。
 湘南の守備に関しても、目立った川崎対策はなく、いつもの守備だった。たとえば昨年3月の対戦時には松田天馬が大島僚太をマンマーク気味にケアしていたのだけど、そういうことは行わなかった。通常運用の中で対応しようとしたが力及ばず、という印象。
 
 チャンピオンチームに対して馬鹿正直すぎるという評価をしながらネガティブに言っているわけではない。もちろんポジティブというわけでもなく、「そういう監督だから」「このクラブの成長はそういう道筋でしか達成されてこなかったから」といった諦観とも達観ともつかない心境だ。
 シーズン終盤に向けて期待をかけるしかないのだよね。今のところ。
 
 大島へのマンマークというフレーズを出したので付記しておくが、今回、それをしても有効だったとは思えない。今回のゲームで感じた川崎の強さは、選手の個人名を意識させないゲーム展開だったところにあるので。
 実際には違うのだけど「選手の配置を入れ替えても同じようにプレーできる」ように錯覚させられた。そのポジションにいる選手はこうプレーする、の積み重ねでゲームが成り立っているように見えて、選手個人の特殊能力に依存していないように見えた。
 もちろん、実際には家長や大島の個性が組み込まれているのだけど、印象論として。
 
 あと、川崎の選手たちのコンタクトの仕方が強かで感心した。ボールを巡る局面ではなく、その1つ前の瞬間に強いコンタクトをし、なんなら腕力を使っていた。あれだとファウルは吹かれない(非難しているわけではない)。
 川崎サポが「主審・家本なら勝ったも同然」のようなことを言っていて、家本主審の「流す」笛は湘南にとっても悪くないので不思議に思っていたのだけど、ゲームを見ていたら納得した。
 ついでにいうと、終盤のコーナーキックを誰も蹴りに行かないで30秒費やすことを黙認していた点も川崎向きだった(ドヤ顔で時計を指さしていたが、それでAT4分ってねえ)。
 
【この日のよかったこと探し】 
 去年の3月初旬のフライデーナイトJリーグと違って暖かくてよかった。あのときはクソ寒かった。
 あと、去年と比べるとアウェイエリアが1.5倍くらいには広がっていたと思う。去年はキックオフ直前に着いたらもう空席を探せないギュウギュウぶりだったけど、今年は割とゆったりしていた(去年の反省を踏まえて早く行ったのだがその必要はなかった)。

« 高橋諒はアレだけど見てて楽しい選手ですよね | トップページ | グランパスとの喧嘩四つの好取組 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高橋諒はアレだけど見てて楽しい選手ですよね | トップページ | グランパスとの喧嘩四つの好取組 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ