« フロンターレが強いのはわかった | トップページ | 湘南の黄緑ボトルの水は美味いかね、薫君 »

2019年5月11日 (土)

グランパスとの喧嘩四つの好取組

 互いのサポーターが同時に「いけそう」「やられそう」と感じたであろうゲーム。普通なら一方が片方の見方をするのだけど、コンセプトが正反対なのでこういう事象が起こる。
(2019年5月4日 湘南ベルマーレ1-1名古屋グランパス ShonanBMWスタジアム平塚)

 
 風間監督のチームは言わずと知れた「止める蹴る」のコンセプトで、相手がどうあれ自分たちのボール保持の仕方と突破に磨きをかけている。一方の湘南は、相手のボール保持を許さないプレッシングを意図している。
 だから名古屋がボールを持つ試合展開を基本線としながらも「それは織り込み済み」と湘南サポは受け入れているし、名古屋サポだって「湘南はナイフを隠し持っている」と思っていただろう。
 
 実際のゲーム展開は、確かに前半は湘南の望む土俵での戦いだった。プレスバックも効いていたし、ボランチ付近でボールを奪える機会が多かった。
 3バックにフレイレと坂圭祐を同時起用したことで、フレイレをジョーにマッチアップさせ、下がっていくジョーに付き合うことも可能になっていた。
 その裏で、坂1人が最終ラインに残るリスクを考えて、この日は山根視来の攻め上がりが少なかった気がする。
 
 ともあれ、湘南にとってはいい雰囲気の前半にPKとはいえ先制に成功した(繰り返すが、一瞬の緩みであっという間に失点する可能性は常にあった)が、56分に風間監督が1トップのジョーを下げてガブリエル・シャビエルを投入すると、試合は一変した。
 0トップのような形になったのだが、ガブシャビ、アーリア、シミッチのトリプルポストという風情で、湘南からすると守るポイントが失われた。なので失点するまでの時間帯は、綱渡りの連続というか、時間の問題だった。
 
 ただ、その後はまた湘南に勝機が来た。名古屋が疲労してきて、トランジションについてこれなくなったからだ。
 もちろん湘南も疲弊していたのだが(プレスバック多すぎたよね)、そこで頑張るのがこのチームのウリなので。とりわけ、5対3みたいなシチュエーションで武富が逆サイドに長いパスを出した逸機は惜しまれる。
 上位チームをドロドロの消耗戦に引きずり込むのは湘南の十八番なのだが、その面では名古屋にツキがあった。キックオフの1時間ほど前から雨が降り、気温がだいぶ下がったのだ。バックスタンドで試合を待っている私の背後では雷が落ちていたわけで。

 
 ところで、同点ゴールを奪ったジョアン・シミッチは良い選手でした。事前に名古屋のゲームをチェックしなかったが、身体の向きと関係なくパスを出せるテクニシャンぶりが脚光を浴びていたのは知っていた。
 しかし、このゲームで目についたのはフィジカルに戦う姿だった。コンタクトを厭わず、ハイボールにもガンガン飛んでいた(肘を張っているようにも見えたが)。
 湘南に欲しいタイプの選手ですよねー(金額から目を背けながら)。まあ秋野がああいう選手になればいいのか。
 
【歴史のif】
 後で気づいたけど、2017年末にチョウ監督がアタランタのガスペリーニ監督にインタビューしていたけど、あのときシミッチはアタランタにいたんですね。しかもそのシーズンは1試合も出られなかったのだし、あのタイミングで声をかけていれば湘南に来ていたかもしれないのではないだろうか(金額から目を背けながら)。

« フロンターレが強いのはわかった | トップページ | 湘南の黄緑ボトルの水は美味いかね、薫君 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フロンターレが強いのはわかった | トップページ | 湘南の黄緑ボトルの水は美味いかね、薫君 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ