« 戦力が揃わない中で好調マリノス戦 | トップページ | 『諦めない力 フィギュアスケートから教えられたこと』(佐藤信夫著)の感想 »

2019年6月 9日 (日)

『アナリシス・アイ』(らいかーると著)の感想

 ネット上のサッカー論壇において支持者の多い、らいかーると氏の著書を読んだ。「私のサッカーの観察方法を多少のヒントとして提供し、ピッチで起きている事象を皆様なりに解釈することで、サッカーをより楽しんでもらう一助になれればいいな」という趣旨の本。
 

 
 分析の視点(論点)を提示するための枠組みを提示するわけだが、必然的に「用語」の提案を明に暗に含むことにになる。そして、提示された論点、用語はかなり整理されている印象で、とても読みやすかった。
 それを前提にして感想を述べるが、用語の定義の仕方に私の関心は向かった。
 
◆たとえば著者は「攻撃/守備」という表記を使わず、「(ボール)保持/(ボール)非保持」という用語を使う。それについてコラムを設けて説明しているのだけど、要するに、巷に見られる「攻めながら守備の準備をする」とか「攻撃的な守備」のような語義的に変な言い回しを避けて事象を端的に分類するという意図なのだろう。
 意図はわかる。著者は自身がコーチということもあり、選手に対して話すために適切という意味もあるのだろう。というか、そっちの意味合いのほうが強いのかもしれない。
「選手は攻撃は好きだからそれは放っておいてもよいけど、守備のことはキチンと教えないと」
みたいなのがデフォルトであるならば、攻守一体であることを強調するために「攻撃/守備」の二分法を避けたいのかもしれない。
 
 しかし一方で「保持/非保持」の二分法にも難はある。チョウ監督はどこかで「攻撃はポゼッションとカウンターに分けられる」とか言っていた気がする。それを受け入れると、「保持」という用語は使いづらくなる。だからといって「ポジトラ/ネガトラ」を組み込んだ4分法も、それはそれで難がある(一般読者向けの用語としては)。
 個人的な印象を述べると「攻撃/守備」でいいじゃん。何が問題なんだよ、という気持ちもある。「ボールを持っている=攻撃」「ボールを持っていない=守備」でいいじゃん、と。
 これはバスケ経験者だからだという気はする。「オフェンス/ディフェンス」の2分法に何の疑問も持ったことがないし、その両者は等価だと感じているので。まあバスケは、1点取ればスターになれるサッカーとは違うけどね。それこそ「リバウンドを制する者はゲームを制する」と全選手が肌身に感じているような競技なのだし。
 
◆らいかーると氏の用語法で特徴的なのは「配置」かなと思う。
 「システム」だと戦い方みたいな意味合いも含まれるので不適切、「フォーメーション」でも良いけど長い、ということもあって「配置」が使われている。
 あと、あまり明示的ではないけど、試合中に刻々と変化する「選手の位置関係」について説明するための用語として使うので「フォーメーション」という固定的な印象を与える語を避けているのかもしれない。
 私自身は「布陣」という語を好んで使っているが、これは意識的に「初期配置」というニュアンスを込めている。まあ試合中の細かい戦術について説明するつもりがないからでもある。
 とかなんとか言ったけど、実は「配置で殴る」というパワーワードを使いたいからかもしれない(それほど、この「配置で殴る」はクリティカルヒットする、優れた剣だと思う)。
 
◆ちょっと考えすぎかもしれない。シンプルに自身が使っている用語を使っているだけで、提案という意図はないのかもしれない(ないのだろう。マンジュキッチ大作戦とか提案する気はないだろう)。
 とはいえ、こういう分析用のボキャブラリーは市井で広まっていつのまにか定番化するものだと思うので、意図せず提案になっているという面はあるだろう。だからもし定番化したら、私もサクッと乗り換えて「配置」を使うつもり。
 
 しかし、本当は大枠ぐらいは協会が主導してもよいのかもしれない。加藤久さんが強化委員として「センタリングじゃなくてクロス」とかって決めたように。
 と思ったけど、協会のサイトにそれ載っていないね。前は載っていなかったっけ?
 
参考:「サッカー用語集」
http://www.jfa.jp/documents/faq/terminology.html


« 戦力が揃わない中で好調マリノス戦 | トップページ | 『諦めない力 フィギュアスケートから教えられたこと』(佐藤信夫著)の感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 戦力が揃わない中で好調マリノス戦 | トップページ | 『諦めない力 フィギュアスケートから教えられたこと』(佐藤信夫著)の感想 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ