« 坂圭祐の96分弾で鹿島とのハンデ戦に辛勝 | トップページ | 山田直輝のスーパーゴールを見たが見てないような… »

2019年8月10日 (土)

JリーグYBCルヴァンカップ/CONMEBOLスダメリカーナ王者決定戦2019KANAGAWA

 すごい強いチームだった。今季可能性のある唯一のタイトルだったので獲りたかったけれど、相手の実力・本気度からするとノーチャンスだったかな。
(2019年8月7日 湘南ベルマーレ0-4アトレチコ・パラナエンセ ShonanBMWスタジアム平塚)

Photo_20190810200801

 
 湘南はターンオーバーしていて、GK、DFラインは全とっかえだった。例年他のクラブもターンオーバーをしていてネガティブに評されることもあるけど、この時期に9日間で3試合となると、そうなるかな。まして残留争いの渦中だと(ルヴァン優勝クラブが翌年に苦労するジンクスもあるし)。
 ただ、フルメンバーであっても勝てたという気はしない。なにしろ強かった。
 
 パラナエンセは前半、湘南が前プレに行く時間は左サイド前方に蹴っ飛ばして新潟と係争中(?)のロニを走らせたが、それだけで十分に脅威だった。早い。
 かといってビルドアップができないわけでもないし、湘南のプレスが中途半端に遅れるとサクッとかわして前進していく。
 後半になるとショートパスで守備の穴を作って的確にそこを突いてきた。
 穴らしい穴もないし、攻守の切り替えも速いし、つけ入るスキがどこにもなかった。
 
【ピッチ回り】
 ふだんのリーグ戦に比べてピッチ回りのボトルが少なくないか? バックサイド側タッチライン沿いは、両チーム合わせて7~8本しかなかった。しかもハーフタイムには全ボトルを湘南のスタッフが交換していた。
 広告が少ないのは仕方ないけど、ペナルティが入っているのは意外だった。対戦相手がブラジルのクラブだから? 昨年までのスルガ銀行カップなのだが、契約上の出資が続いているような気がする(そうでなければ大会自体がなくなっていた可能性も)。ともあれスル銀は影も形もなくなった。シレっと露出を続けていたら平山が怒るよね。

Photo_20190810200901
 
【審判クラスタ見習い】
 私は詳しくないのですが、この日の審判団は3人しかウォーミングアップをしていなかった。てっきり4審は日本協会が用意するのかと思ったが、4thレフリーも含めてシンガポールのセットだった。主審が続行不能だったらいきなり代役を務めるの? 大丈夫なの? とちょっと不安だった。
 
【パラベンス!】
 おめでとうございます。
 
Photo_20190810201001
 
 【国際試合開催記念】
Dscn0554

« 坂圭祐の96分弾で鹿島とのハンデ戦に辛勝 | トップページ | 山田直輝のスーパーゴールを見たが見てないような… »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 坂圭祐の96分弾で鹿島とのハンデ戦に辛勝 | トップページ | 山田直輝のスーパーゴールを見たが見てないような… »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ