« 『一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート』(上原善広著)を読んだ | トップページ | 湘南が広島に勝つ試合を初めて見た »

2019年11月30日 (土)

久保建英の去ったFC東京は威力半減(アクセス数稼ぎタイトル)

 後半ATの森重のゴールによって勝点2を失ったゲームなのだが、体系だったことは書けない。断片的な印象を書き並べる。
(2019年11月23日 FC東京1-1湘南ベルマーレ 味の素スタジアム)

 
・森重の同点ゴールは、アウェイ2階席からはクッキリ見えすぎてツラかった。
・東尾修のシュートのような球筋でデービスの左腕、もといゴールポストに跳ね返ってゴールインした。
・まあその前から「引きすぎ」ではあったので、まったくの事故ともいえない。
・枠には行かなかったが高萩のボレーとかもヒヤッとした。
・押し込まれたなりにカウンターのチャンスはあったので、そこで決めていればとは思う。
 
・FC東京の事情は知らないが、代表帰りの選手が疲労していたといわれればそうなのかもしれない。
・ただ、春先の対戦と比較して、久保が去った影響は大きく見えた。
・東と大森のところでアクセントを作れないので2トップの一方が降りてきたり、単純に永井謙佑かディエゴ・オリベイラを走らせるだけのような印象(やや誇張)。
・だから一番怖いカウンターでの迫力はなかなか出てこなかった。
・それは湘南の対応でそうなったという気はしない。
 
・そうはいっても湘南の戦い方は評価しないと。
・首位チームと残留争いのチームというような差は感じなかった。差はあるけどもっと小さい感じ。
・ついこの間まで、あんな有様だったのが嘘のよう。
・特に、奪ったボールを前につなぐ局面で、チョウ監督時代よりも洗練された印象を受ける(まだシンプルなミスはあるが)。
・浮嶋監督の手腕について聞いていたことは話半分に聞いていたのだが、どうやらかなり信憑性があるみたいだ。
 
・むしろ不安材料は「できすぎ」なところ。
・試合を重ねるごとに確実に内容が上向いているのだが、これは怖い。
・普通もっと一進一退だったりしないか?
・「次の試合こそ『退』がくるのではないか?」と戦々恐々としている。
・心配性というよりは、成功体験が少ないせい。
 

Img_20191123_125236

« 『一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート』(上原善広著)を読んだ | トップページ | 湘南が広島に勝つ試合を初めて見た »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 『一投に賭ける 溝口和洋、最後の無頼派アスリート』(上原善広著)を読んだ | トップページ | 湘南が広島に勝つ試合を初めて見た »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ