« 久保建英の去ったFC東京は威力半減(アクセス数稼ぎタイトル) | トップページ | 極寒の松本でJ1残留を決められず »

2019年12月 6日 (金)

湘南が広島に勝つ試合を初めて見た

 広島に勝つのは16年ぶり、J1では21年ぶりということだが、私はどちらも現地で見てはいないないと思う(中里が小野剛に招かれる契機となったゴールは映像で見た記憶しかない)。
(2019年11月30日 湘南ベルマーレ1-0サンフレッチェ広島 ShonanBMWスタジアム平塚)

Photo_20191206232101

 

 
 とはいえ、試合内容からすると意外感はない結果といえる。
 湘南の1トップ、指宿洋史がかなりの確率でハイボールに競り勝ち、ボールを収めることに成功していた。
 対する広島の1トップ、レアンドロ・ペレイラはあまりボールを収められなかったし、ハイボールも坂圭祐に競り負けることが多かった。
 最前線と最後尾でこうも対照的であれば、そりゃあ湘南が優勢になるでしょう。
 
 もちろんピンチもあった。前半終了間際の青山の飛び出しと、後半開始直後のペレイラのミドル。
 青山のシュートを未月が止めたような場面は、広島相手だともっと沢山作られてきたので、その回数が少ないだけでも(ぼくの)心理的な優位感があふれてくる。
 一方で、ペレイラのシュートは1回だけでもヒヤリとした。後半開始から広島がドウグラス・ヴィエイラを投入してきたので「2トップにするのか? ヴィエイラを1トップに入れるのか?」と様子を窺っている時間にDFラインからちょっと離れてミドルを撃つスペースを得ていた。1回だけとはいえ、その1回を松本在籍時には決めていたので、ヒヤリとせざるを得なかった。
 
【この日の秘密兵器】
 メガホンってこんなに効果あるの? と思った。
 選手入場時のベルマーレコールがメインスタンドに反響しているのが7ゲでもわかった。すごいね。



 
【小春日和。最終戦日和】
 この日のスタグルは、ケムリカレーの「パキスタンチキンカレー」750円。勇気がないので中辛にしたが、みんなが食べられる安心の味で、おいしい。

Photo_20191206232201

 
 うまいスタグルを食べ、バックスタンドは日差しもあってポカポカしているし、試合には勝つし、最高でしたね。
 これでシーズン終了なら大団円感があってよいのだけど、遺憾ながらまだ残留が決まっていない。
 というわけで、日程発表時には「行きたくないなあ」と思っていた最終節アウェイ松本戦に行ってきます。

« 久保建英の去ったFC東京は威力半減(アクセス数稼ぎタイトル) | トップページ | 極寒の松本でJ1残留を決められず »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久保建英の去ったFC東京は威力半減(アクセス数稼ぎタイトル) | トップページ | 極寒の松本でJ1残留を決められず »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ