« 2020年のJ1順位予想(湘南視点で) | トップページ | コロナ後初のサッカー観戦の感想 »

2020年2月23日 (日)

大久保嘉人が真の王者に(久々にJ2に帰還した選手ランキング2020年版)

 播戸竜二がアステリスク付き王者の座にあったが、このたび、大久保嘉人が一切の留保のない、正真正銘の王座に就いた。
 キャリアの初期にJ2でプレーして、再びJ2の出場した間隔の長さの話である。ちなみに前回(2019年)の記事はこちら

 
 というわけで、最新のランキングは以下のとおり。
 
第1位 大久保嘉人 6300日(17年91日)←new!
 2002年11月24日 セレッソ在籍時の山形戦
 2020年2月23日 ヴェルディ在籍時の徳島戦
 
第2位 播戸竜二 5235日(14年122日)ぶり
 2000年11月19日 札幌在籍時の新潟戦
 2015年3月21日 大宮在籍時の京都戦
 
第3位 小野伸二 4991日(13年243日)ぶり
 2000年11月19日 浦和在籍時の鳥栖戦
 2014年7月20日 札幌在籍時の大分戦
 
第4位 茂庭照幸 4865日(13年117日)ぶり
 2001年11月18日 湘南在籍時の新潟戦
 2015年3月15日 セレッソ在籍時の大宮戦
 
第5位 田中マルクス闘莉王 4852日(13年103日)ぶり
 2003年11月15日 水戸在籍時の甲府戦
 2017年2月26日 京都在籍時の山形戦
 
第6位 李 忠成 4837日(13年89日)ぶり←new!
 2006年11月26日 柏在籍時の札幌戦
 2020年2月23日 京都在籍時の山口戦
 
第7位 山瀬功治 4516日(12年133日)ぶり
 2000年10月21日 札幌在籍時の湘南戦
 2013年3月3日 京都在籍時のガンバ戦
 
第8位 鎌田次郎 4488日(12年105日)ぶり
 2006年11月11日 柏特別指定時の神戸戦
 2019年2月24日 柏在籍時の山口戦
 
第9位 矢島卓郎 4239日(11年212日)ぶり
 2004年11月27日 川崎在籍時の鳥栖戦
 2016年6月26日 京都在籍時の松本戦
 
第10位 永井雄一郎 4145日(11年127日)ぶり
 2000年10月29日 浦和在籍時の山形戦
 2012年3月4日 横浜FC在籍時の水戸戦
 
第11位 加地亮  4134日(11年119日)ぶり
 2001年11月18日 大分在籍時の鳥栖戦
 2013年3月17日 ガンバ在籍時の横浜FC戦
 
第12位 増川隆洋 4110日(11年93日)ぶり
 2004年11月27日 福岡在籍時の山形戦
 2016年2月28日 札幌在籍時のヴェルディ戦
 
第13位 森脇良太 4096日(11年79日)ぶり←new!
 2008年12月6日 広島在籍時の徳島戦
 2020年2月23日 京都在籍時の山口戦
 
第14位 本間勲  3956日(10年303日)ぶり
 2003年10月18日 新潟在籍時の水戸戦
 2014年8月17日 栃木在籍時の湘南戦
 
第15位 大沢朋也 3860日(10年207日)ぶり
 2003年10月11日 大宮在籍時の川崎戦
 2014年5月6日 讃岐在籍時のヴェルディ戦
 
第16位 駒野友一 3851日(10年198日)ぶり
 2003年8月16日 広島在籍時の横浜FC戦
 2014年3月2日 磐田在籍時の札幌戦
 
第17位 河合竜二 3810日(10年158日)ぶり
 2000年9月28日 浦和在籍時の札幌戦
 2011年3月5日 札幌在籍時の愛媛戦
 
第18位 チョヨンチョル 3800日(10年148日)ぶり
 2008年10月19日 横浜FC在籍時の福岡戦
 2019年3月16日 新潟在籍時の横浜FC戦
 
第19位 西部洋平 3790日(10年138日)ぶり
 2000年11月19日 浦和在籍時の鳥栖戦
 2011年3月6日 湘南在籍時の岡山戦
 
第20位 吉田孝行 3769日(10年116日)ぶり
 2002年11月24日 大分在籍時の福岡戦
 2013年3月20日 神戸在籍時の京都戦
 
※今回ランク外になったのは、安英学(3758日)、加賀健一(3747日)、小椋祥平(3739日)、清水航平(3522日)です。
 
 アステリスクというのは、旧JFLの存在である。
 Jリーグに対して旧JFL1部を「2部扱い」してよいのかどうかは、なかなか悩ましい。
 ざっと見て、以下3人の記録が参考記録と考えられる。
 
★参考記録① 中山雅史 6027日(16年183日)ぶり
 1993年9月5日 磐田在籍時のフジタ戦
 2010年3月7日 札幌在籍時の鳥栖戦
 
★参考記録② 加藤望 3786日(10年133日)ぶり
 1994年10月23日 柏在籍時のNTT関東戦(に出場していたか未確認)
 2005年3月5日 湘南在籍時のFC東京戦
 
★参考記録③ 吉田光範 ?日(9年?日)ぶり
 1982年?日 ヤマハ発動機はJSL2部
 1992年?日 ヤマハ発動機は旧JFL1部
 
 なかでも、中山の記録は前人未到の大記録であり、無視できない存在感を放っていた。それゆえ播戸竜二を「第1位」とすることにはアステリスク(注釈)が付いていた。
 しかし今回、大久保の記録は中山を上回る、文句のつけようのない第1位である。よって、今後は上記参考記録のことは考えないことにする。
 
 というわけで、晴れて王座に就いた大久保さんであるが、油断はできない。記録更新の可能性をもつ主な選手を列挙しておく(J2における最後の出場記録を添えて)。
 
川島永嗣
 2003年11月9日 大宮在籍時の鳥栖戦
中村憲剛
 2004年11月23日 川崎在籍時の甲府戦
ドゥンビア
 2008年6月11日 徳島在籍時のセレッソ戦
青山敏弘
 2008年11月30日 広島在籍時の熊本戦
パク・チュホ
 2008年12月6日 水戸在籍時の山形戦
太田宏介
 2008年12月6日 横浜FC在籍時の甲府戦
石原直樹
 2008年12月6日 湘南在籍時の福岡戦
槙野智章&柏木陽介&髙萩洋次郎
 2008年12月6日 広島在籍時の徳島戦
西大伍
 2009年10月7日 札幌在籍時のセレッソ戦
香川真司
 2009年11月22日 セレッソ在籍時の仙台戦
永井謙佑
 2009年11月22日 福岡特別指定時の草津戦
梁勇基 林卓人 富田晋伍
 2009年12月5日 仙台在籍時の愛媛戦
乾貴士
 2009年12月5日 セレッソ在籍時の鳥栖戦
向慎一(奈良)
 2010年4月10日 ヴェルディ在籍時の愛媛戦
梅井大輝(相模原) 
 2010年4月25日 草津在籍時の岡山戦
中山雅史
 2010年8月7日 札幌在籍時の北九州戦(2011年も札幌に在籍していたが出場なし)
高木俊幸
 2010年10月16日 ヴェルディ在籍時の岡山戦
橋本和
 2010年10月23日 柏在籍時の熊本戦
大津祐樹&酒井宏樹
 2010年11月20日 柏在籍時の鳥栖戦
ハーフナー・マイク
 2010年11月20日 甲府在籍時の草津戦
石川直樹
 2010年12月4日 札幌在籍時の熊本戦
小林祐三&田中順也
 2010年12月4日 柏在籍時の草津戦
吉田豊
 2010年12月4日 甲府在籍時の岐阜戦
六反勇治
 2010年12月4日 福岡在籍時の岡山戦
東慶悟&キム・ボギョン
 2010年12月4日 大分在籍時の横浜FC戦
 
 おや、今回参考記録から姿を消すことになった人の名前がありますね。まるでゾンビのようだ(というのは失礼な物言いなのかな?)。

« 2020年のJ1順位予想(湘南視点で) | トップページ | コロナ後初のサッカー観戦の感想 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2020年のJ1順位予想(湘南視点で) | トップページ | コロナ後初のサッカー観戦の感想 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ