« コロナ後初のサッカー観戦の感想 | トップページ | ドゥトラが活躍するならダヴィでも獲ればよくね?(放言) »

2020年9月 8日 (火)

イニエスタもいない神戸にドローかよ(ツンデレ)

 イニエスタもドウグラスもビジャもウェリントンもいない神戸を相手に、しかも神戸はルヴァンカップ準々決勝から中2日なのに対して湘南は先週の鳥栖戦が中止になって休養十分だったのに、ドロー決着。評価が難しい。
(2020年9月5日 湘南ベルマーレ1-1ヴィッセル神戸 ShonanBMWスタジアム平塚)

 
 湘南は直近のゲームで8連敗だったので、ドローでも半歩前進ではある。そういう勝敗・勝点のことはともかく、納得感のあるゲームだった。
 大岩一貴のゴールシーンはもちろん素晴らしかった。山根視来が抜けて今季は激減していた、最終ラインからDFの選手が持ち上がったプレーであること。持ち上がるだけでなくシュートを決めたこと(山根は湘南時代はそれやったことないんじゃないかな)。加えて、大岩、石原直樹、石原広教に加えて、第2陣として上がってきた松田天馬、金子大毅と5人がボールを触っているのがよい。
 このシーンが典型ではあるが、それ以外にも、試合終盤のカウンター時に5~6人がなだれ込む局面があって、よかったと思う。これは、昨年までのプレーに近いということもあるけど、興行として必要なものだと思う。
 まあ、トップクラブであれば1人や2人でカウンターを完結させて、そういうのもあってよいけど。
 
 納得感のもう一つの要素は、若手の躍動感。
 平松君は、ゴールライン上のクリアは現地では誰かわからなかったのだけど、インプレーでスムーズにシュートを撃てていたのがよかった(本人的には2本ともミスショットなのかもしれないが)。
 もう1人の特別指定選手・根本君は、フェルマーレンを背負ってのボールキープができたので自信が持てるのではないかな。ウォーミングアップのときには、サイズの割にアジリティ感があって、それも好感。
 そして田中聡君の鋭いインターセプトも見られたし。
 
 神戸についていうと、酒井高徳のスローインが非の打ちどころがなくて感銘を受けた。1回だけクイックスローをしたフェルマーレンも同じく美しいフォームでした。
 豪華メンバーを見ておきながらそこか、と思わないでもないが、うちの選手たちのスローインはちょっとアレだと思っているので…。
 
 あ、もう一つ言うべきことがあった。こちらのツイートがすべてを言ってくれているので、引用します。


 
【FIFAフェアプレーデー】
 両チームキャプテンによるリスペクト宣言で、山口蛍は「私たちは、人種差別、生まれ、宗教、その他のいかなる理由による差別を…」と言っていたが、もちろん正しくは「人種、性別、生まれ…」である(他会場ではそう言っていた)。
 読み間違いに気づいてプレーに影響してくれればよかったけど、そういうタマじゃないよね。

« コロナ後初のサッカー観戦の感想 | トップページ | ドゥトラが活躍するならダヴィでも獲ればよくね?(放言) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コロナ後初のサッカー観戦の感想 | トップページ | ドゥトラが活躍するならダヴィでも獲ればよくね?(放言) »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ