« 川崎フロンターレは全チーム勝利とダブル新記録を達成できるか | トップページ | 【調査メモ】Jリーグオフィシャルナンバーの価格 »

2020年12月31日 (木)

2020ホーム最終戦と今シーズンの感想

 ボンジュール! 鈴木冬一と齊藤未月の移籍挨拶もあったし、ホーム最終戦なので行った。12月のナイトゲームという馬鹿げた日程だったが、去年の最終節・松本戦の経験が生きた(そもそも平塚なのでそこまで寒くない)。
(2020年12月16日 湘南ベルマーレ1-2大分トリニータ ShonanBMWスタジアム平塚)

 
 といっても、このゲームは昇降格に関係ないせいかヘンテコなゲームだった。前半の大分が。
 岩田智輝のマリノスの移籍が発表された今となっては「ああそういうこと」とは思うけど、3バック右に刀根亮輔、右WBに岩田という配置は意図がわからなかった。実は岩田は4バックの右SBだったのかもしれないが、それならばなおのこと。
 逆の左WBの高山薫はタッチライン際に立って「幅をとる」役目だったのだけど、右サイドには幅とり要員はおらず、右サイドには謎の空白地帯が生じていた。
 4-5-2の右SHを透明プレイヤーにしたみたいだった。
 
 そのヘンテコな大分を相手にして前半は良い感じだったのにCKから1点を取るにとどまり、終了間際にCKから追いつかれてしまったのは厳しかった。
 大分はHTに刀根を下げて田中達也を投入。岩田を3バックに下ろして右WBが高山、左WB田中と、自然な形にした。大分の2点目自体はラッキー要素もあったけど、試合の流れとしては真っ当なものにしていたので、そのまま逃げ切ったのは不自然ではなかった。
 
 湘南も大分もシーズンオフに選手が入れ替わるので、このゲームのことはもういい。
 
 湘南の2020年シーズンについて。
 浮嶋監督のチーム作りに時間がかかりすぎていたのかが焦点だ。
 悪条件はいろいろあった。正GKと1トップが抜けたチームの再構築、ボール保持にウエートを置くという真逆に近いゲームプラン、チーム作り途上でのリーグ戦中断、再開後は連戦で修正の時間もなかった。そういったエクスキューズを加味したうえでなお、「遅すぎる」という見方があるのは当然だろう。実際に、上向いたとはいえ18位で終わったのだし。
 私は、降格がなくなったことで「修行モード」に入ったと思っている。根拠は、セットプレーの仕込みのなさ。10月あたりからスカウティングに基づく「仕込み」が見られるようになったが、その前は変化に乏しかった。ポゼッションやビルドアップのトレーニングを優先してセットプレーにまで手が回らなかったのだと推測している。
 もちろん「負けてもいいから修行」という感じではなく、早い段階から現実と折り合いをつけながら進めていた。よくいわれる「カウンターへの比重のかけ方の変化」もそうなんだけど、いち早く変化したのは「スローインにかける時間」だった。シーズン当初はマリノスみたいに即座にスローインを放っていたのだけど、割と早い段階でチョウ監督時代のようなリズムに戻っていた。まあ両者はリンクしているのだろうけど。
 不安材料はそこではなく、試合前のウォーミングアップやルーティンなどが、割と遅い時期まで安定しなかったように思えたこと。まあ、毎試合ちゃんとその時間帯に見ていたわけではないので気のせいかもしれないが。
 
 2021年は浮嶋体制で行くことは決まっているので応援するだけです。
 金子・未月・天馬のトライアングルがごっそり抜けて大打撃なのだけど、それでも今年の選手の入替は昨年に比べれば少ないのですよ。
 現時点(12/30)で、全出場時間に占める去った選手の割合は30%ちょいで、去年に比べたらかなり少ないです。
2020年:10572/33660=31.4%(金子、未月、天馬、坂、冬一など)
2019年:16465/33660=48.9%(秋元、山根、山﨑、杉岡、フレイレ、俊介など)
2018年:7992/33660=23.7%(石川、ジョンヒョプ、バイア、高山など)
 というわけで、また来年!
 
【今日のスタグル】
 最終節は、クレープくれよん「ベルマーレくれーぷ」でした。

Img_20201216_164443837

« 川崎フロンターレは全チーム勝利とダブル新記録を達成できるか | トップページ | 【調査メモ】Jリーグオフィシャルナンバーの価格 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 川崎フロンターレは全チーム勝利とダブル新記録を達成できるか | トップページ | 【調査メモ】Jリーグオフィシャルナンバーの価格 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ