« 物好きたちには桜吹雪を見る資格があった | トップページ | 片野坂のチームにリーグ戦初勝利 »

2021年5月 4日 (火)

福森晃斗の「偽サイドバック」は過渡期の試行?

 後半ATの岡本のゴールが認められたら、と思わないでもないけど怪しいボールロストも多かったのでドローは妥当と言わざるを得ない。ただ、試合内容としてはニンマリできる要素はある。
(2021年5月2日 湘南ベルマーレ0-0北海道コンサドーレ札幌 レモンガススタジアム平塚)

Img_20210502_142122549

 
 コンサドーレは、ジェイ・ボスロイドがリーグ戦今季初先発とのことだが、チームのやり方にフィットしていないように見えた。
 もちろん、マッチアップする石原広教との身長差は20cm以上あるし、ハイボールで劣勢になることは予想されたが、そういう攻撃はあまりなかった。
 コンサ屈指のクロッサーである福森晃斗は3バック左のポジションから、いわゆる「偽サイドバック」のような前進をしたり、時には右サイドに進出することもあった。
 左WBの菅大輝とのコンビでサイドを突破してクロスを上げられたら脅威になったであろうが、福森は何本かのアーリークロスを蹴るにとどまった。
 
 試合開始当初は、3-4-2-1の布陣で中盤の駒井善成が最終ラインに降りることで福森を前進させようとしていたのかもしれないが、あまり機能していなかった。
 3-4-1-2に変形してチャナティップが中盤と前線を行き来するようになってから攻撃が活性化した印象(チャナティップどうすんの現象)なので、ボランチ(というかアンカー)の選手起用が課題なのだろう。
 
 湘南は後半途中からウェリントンを投入し、前の4人をすべて入れ替えて「ウェリに放り込んでこぼれ球を狙う」ゲームに切り替えた。
 落ち着かないゲームになったが、それも狙いだったのだろう。序盤から続けていた繊細なバランスゲームで90分耐えるのは難しかったのではないかな。ジャブしかなかった湘南がベタ足の撃ち合いを始めたので相手は面食らったかもしれない。
 
【私がニンマリしたツボ】
 コンタクトの応酬で負けなかったことには満足している。
 この数年、コンサドーレはサイズとパワーを重視した選手編成をしていたと思う。誰も明言していない(私の目に触れない)けど、たぶん間違いない。
 小兵ぞろいの編成を是としてきた湘南とは対照的で、実は対戦ごとにコンタクト(球際、といってもよいか)で劣勢を感じていた。そこで盛り返したのはよいと思う。
 まあ、ウェリントン対宮澤のマッチアップで稼いだ面もあり、宮澤には少し気の毒であったが。
 
 ただし、両チームとも変換期という面もある。
 湘南は浮嶋監督のカラーが出てきて、チョウ監督時代ほどには小兵編成を許容していない。
 コンサも、チームの格が上がって獲得できる選手のランクが上がり、以前ほどには「武闘派」を揃える必要がなくなっているような気がする。2ボランチをエレガントにしたいのだけど、まだうまくハマっていないのが現状のように見える。
 
【ブログを書いていて思ったこと】
 北海道コンサドーレ札幌って、以前のように「札幌」と書くのは違うような気がするけど、「北海道」と書くのは明らかに不適切だ。なので「コンサ」と書きたくなるけど、なんか馴れ馴れしくて気持ち悪いな。

« 物好きたちには桜吹雪を見る資格があった | トップページ | 片野坂のチームにリーグ戦初勝利 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 物好きたちには桜吹雪を見る資格があった | トップページ | 片野坂のチームにリーグ戦初勝利 »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ