« 片野坂のチームにリーグ戦初勝利 | トップページ | 残念な形でルヴァンカップ終了メモ »

2021年6月 6日 (日)

心配なのは湘南なのかガンバなのか

 攻勢を生かせず無得点の湘南を嘆きたくなるが、客観的にいえば心配されるのはガンバなのだろう。そのガンバから得点を奪えなかった湘南という見方をするとループにはまるが…。
(2021年6月2日 湘南ベルマーレ0-0ガンバ大阪 レモンガススタジアム平塚)

 
 代表ウィークで昌子源とキムヨングォンを欠いたガンバは、COVID-19の未消化試合による連戦の中でDFラインの再構成を余儀なくされており、厳しかったであろう。
 3-1-4-2としたガンバは、三浦弦太といえどもウェリントンを相手に1対1では苦しいので、DFラインの2人でウェリントンをケアしたい。
 それでいて前からのプレスでボールを奪いたいのだから、狙い所を絞りたい。そこで最前線のパトリックと宇佐美は湘南3バックの右サイドに圧力をかけてアンカーの中村駿へとボールを誘導し、そこに井手口陽介が詰めてボールを奪いたいという形になった。
 加えて、倉田秋が3バック左の大野和成にプレスをかけられれば理想的だが、それは前がかりすぎるので倉田はやや引き気味に大野と高橋諒と山田直輝のトライアングルに目を光らせる。言葉で言うのは簡単だが無理があるので、どちらかというと大野を放置することが多かった。
 
 という戦況を見たのか、前半飲水タイムの頃から、ボールを持った大野は高橋か山田にボールを預けて入れ替わり、前線へ上がっていった。
 これで3バック対3トップの形になって、ガンバの右WB小野瀬康介を牽制することはできたが、とはいえ湘南もはっきりしたチャンスを作れたわけではない。
 山田直輝の反転からのシュートがポストを叩いたシーンも、シュートに持ち込んだ山田の個人技という感じだったし。
 
 HTにガンバは左WB塚元大に替えて髙尾瑠を投入して右WBに、小野瀬を右から左に移した。
 これでガンバはバランスを回復したのだとは思うが、パトリックと宇佐美によるプレッシングは試合開始当初の圧力を失っていたので、やや時機を逸した感はあった。時折出てくるカウンターには迫力があるのだけど。
 60分にパトリックからレアンドロ・ペレイラに交代してからは前プレは諦めて「守って一発狙い」な雰囲気になって、74分に宇佐美を下げてからはますますその気配を増し、ATに井手口→ウェリントン・シウバの交代では「あわよくば」感が色濃く出ていた。
 
 その「ドローで可」な相手を押し切れなかったのは湘南の力不足ではある。
 攻勢といいつつ、チャンスっぽいチャンスは、ウェリントンのポスト落としから走り込んだ町野の左脚シュート、ATの畑のクロスに名古のヘディング、そのぐらいだった。どちらも東口大明神を慌てさせ。るものではなかった。
 町野→石原直樹の交代が89分だったが、これをあと5分でも早くできなかったかといのが悔やまれることか。町野はへばっていたし、ウェリントンがドリブルしたカウンターの場面でフレッシュな石原であれば追いつけたのではないか。
 
 前向きにコメントすると、「一見押していてあっさりカウンターに沈む」というパターンにはまらなかったのが成長だといえる。
 でもやっぱり、この日はガンバの状態が良くなかったので勝ちたかったな。
 
【この日のスタグル】
 GUARD FOOD TRUCKの湘南ローストポーク丼800円。ローストポークって美味いですね。

Img_20210602_190029404_hdr3

« 片野坂のチームにリーグ戦初勝利 | トップページ | 残念な形でルヴァンカップ終了メモ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 片野坂のチームにリーグ戦初勝利 | トップページ | 残念な形でルヴァンカップ終了メモ »

高スポ執筆者

  • 荒木又三郎
    高スポ創刊者にして主筆。ACミランを愛する後天性フランス人。高スポ編集雑記に本音をぶちまける。
  • 三鷹牛蔵
    高スポの陰の支配者。湘南ベルマーレを愛する先天性ジャパニーズ。

姉妹ブログ


三鷹牛蔵twitter

無料ブログはココログ